英語上達完全マップ

トップページ
はじめに
英語のテスト 特にTOEICについて
英語は日本で上達する
英語力を解剖する
英語トレーニング法
音読パッケージ
瞬間英作文
文法
精読
多読(速読)
語彙増強=ボキャビル
リスニング
会話
トレーニングの進め方
標準ケース
実例ケース
目的・タイプ別ケース
トレーニングを継続するために
おすすめ教材集
アドバイス集
Q&A
教室案内
リンク
トップページ
 

 ランキング

 


 

 

英語を習得するには覚えなければならないことがあります。文法・構文ルールを知らずに英語のセンテンスを作ることはできないし、一定の語彙がなければ話の最中に単語を求めて黙り込むことになり、また英語の読書もかないません。したがって記憶の問題を避けるわけにはいきません。

しかしこの時記憶の仕方というものがあります。学生時代の定期試験用の勉強で行ったようなごりごりした暗記は、外国語を自在に使いこなすことを目的とした学習にはあまり効果がありません。答案用紙に正解を書くことだけを目的として強引な暗記で覚えた知識は、記憶の引き出すのに時間を要し、また試験が終われば大部分がまもなく失われてしまいます。いわゆる「短期記憶」です。

外国語を駆使するためには、必要な知識が深く確実に脳に刻み込まれ、かつ必要な時に瞬時にアクセスし引き出すことができなければなりません。例えば、英単語を目にし、(gaze、え〜と、なんだっけ、そうそう「凝視する」だ。Immortal、う〜ん「不道徳な」だっけな、いや違うな、え〜と、そうだ、「不死の」だ。)という状態では、時間をかけておよその意味を取ればいい英文解釈ならともかく、自然な読みからは程遠いでしょう。

あるいは「あいつの電話番号を知っていれば、電話したのになあ」という内容を英語で言いたい時に、「え〜と、過去の事実に反するからif節では、過去完了を使って、帰結節では助動詞の過去形プラスhaveプラス過去分詞だったな」と考えてからでないと英文を組み立てられないレベルではせいぜい穴埋め文法問題や整序作文が解けるだけです。英語を話すということは、上のような内容が頭に浮かんだら、あっという間に頭に刻み込まれた構文ルールが引き出され、If I had known his phone number, I would have called him.という英文がばね仕掛けのように口をついて出てくるということです。

 

英語を自由に使いこなすことを目的とする場合、ゴリゴリと一回で暗記しようとせず、軽い繰り返しを何度も行うことがキーとなります。どんな人でも自分や近しい人の顔や名前、学校や職場までの道順、頻繁に使う電話番号などは自然と覚えてしまい、いつでも瞬間的に記憶から引き出すことができるでしょう。繰り返しによって刷り込みがおこり、情報が長期記憶となったからです。英語の学習における記憶にはこの原理を利用するのが最善の方法です。

ただ、家族や友人には毎日会い、学校や職場までの道順は毎日たどるというように、繰り返しを行う必然性があります。英語の学習で同じ効果をあげるには、意識的、計画的にこの繰り返しを行う必要があります。私の教室ではこれを「サイクル法」と呼び、ボキャビル(語彙増強)、短文暗唱はもちろん、音読パッケージにも用います。

サイクル法はターゲット全体を一通り学習するのを1サイクルとして、それを軽く何度も繰り返す方法です。1000語の英単語を100日で覚えようとする場合を例に取りましょう。日数で語数を割り、一日10語ずつ丁寧に暗記していくのは最悪の方法で、まず成功しません。どれほど気をいれて覚えたつもりでも1サイクルで記憶が定着するものではありません。

サイクル法では、一日100語ずつざっと見ていきます。この際ゴリゴリ時間を掛けて覚えこもうとはせず、軽く流していく感じです。10日で第1サイクルが終わったら、第2サイクルに入ります。単語はほとんど覚えていないでしょうが、意味を見れば「あーそうだったよなあ」という認知は起こりやすくなっているので第2サイクルは第1サイクルより早く終わります。そのまま第3サイクル、第4サイクルと繰り返していくと、そのたびに認知はずっと楽になっていくのはもちろん、相当数の単語の意味が瞬時に浮かび上がるようになります。そのままサイクルの数を深めていくにつれ意味の浮かぶ単語が増え、1サイクルの所要時間もどんどん縮まり、最終的には全ての単語が瞬間的に認識できるようになります。

 


学習がうまくいかない人が陥りやすい間違いは、学習事項をあまりにも意識的に力ずくで覚えようとすることです。しかし、そうやって苦労して覚えたことがらは、しばらく時間がたつと頭から消えています。一度や二度の学習でマスターする気でいる人は、ここで強い挫折感を味わいます。また、暗記の作業もごりごりとした苦痛を伴うやりかたで行っているので上達のために必須の繰り返しを行う意欲も湧きにくくなります。こういった悪循環に陥ると記憶作業に対する嫌悪感が植え付けられ、学習自体の挫折にもつながります。

サイクル法では1回や2回の繰り返しで記憶を定着させようとは考えません。浅い回のサイクルはまだ準備段階で、潜在意識の中にぽんぽんと情報を投げ込んでいるだけです。このことを初めから意識しているので、すぐに記憶ができないことによる挫折感とも無縁です。一回ごとの学習も根を詰めない軽いものなので、抵抗感無くサイクルを繰り返すことができます。サイクルを繰り返しさえすれば、無意識層に沈み込んでいた情報がどんどん浮上し始めます。この時の感覚は実に快適なもので、ゴリゴリ暗記の巨石を担うような苦痛とは対照的です。

サイクル法を初めて知ると、今まで自分が行っていたのとはあまりに違う方法に戸惑う人が少なくありません。根を詰めず軽いサイクルを淡白に繰り返す方法が生真面目な人にはいいかげんと映るらしく、罪悪感さえ感じる人もいます。しかし、トレーニングを進めるにつれ、この方法のほうがはるかに効果的であることを発見して驚くことになります。トレーニング法というのは苦痛が大きいほど、効果が高いというものではありません。むしろ逆のほうが多いものです。ことに、外国語を自由に使うというような、恒久的で、機動性の高い記憶が問題になる場合は、軽い繰り返しを行うトレーニングが欠かせません。ぜひ学習の中に取り入れてください。

 


 
TOPに戻る